自律神経失調症って何?

名前からして嫌な予感がしますね

稀な病気なの?と思う方も多いのではないでしょうか?

 

自律神経失調症は軽度なものを含めれば別に珍しいものではなく

多くの方の日常に密かに起きています。

 

例えば

「今日はなんだか身体が重い・・・」倦怠感。

「いつもより疲れやすい・・・」疲労感。

「気分がスッキリせず元気が出ない・・・」抑うつ。

「妙に気持ちが落ち着かない・・・」不安感。

「疲れているのになかなか寝れない・・・」不眠。

 

などといった誰にでも経験がありそうな”ちょっと今日は変かも”というのも

実は自律神経の失調が原因で起きている場合が多いのです。

 

先程述べたように軽度な自律神経の失調は多くの方にみられます。

ですが軽度なうちは症状も軽く一時的な事がほとんどなので余り気にする方はいません。

 

ですが失調が徐々に強まってくるとやがて重度に達し

日常生活にハッキリと支障が出るレベルの不調が現れ始めます。

 

ここで初めて自律神経失調症を認識するようになるのですが、

急に失調症になってしまった訳ではなく

元々失調気味だったものが強まってしまった結果なのです。

 

重度の失調になってしまうと治すのも苦労します。

大事なことは軽度な時点で自律神経の失調に一早く気付いて

早期に対処することです。

 

当院では”首のコリが自律神経を失調させる最も多い原因”と考えています。

余りに”首こり自律神経失調症”が多いので

専門の窓口を設けようかと思う程多くの方にみられます。

 

早期に首コリに対処することによって重度化するのを防ぎ

軽度の失調をも鎮圧することができます。

 

自律神経失調とされる方は年々増加しています。

その理由は単にストレス社会になった訳ではなく

現代人が便利社会で生活することで

過去と比べものにならないほど

運動不足に陥っていることが原因と考えています。

 

大きく身体を動かす機会、様々なポーズをとる機会が失われ

同じ体勢でジッとする時間が長くなったという事です。

 

その結果、首コリの進行が早まり自律神経失調症が増えたと考えています。

 

首コリによって自律神経が失調するという考え方はメジャーではありません。

なので病院での検査項目の対象外でスルーされます。

 

心療内科に毎日多くの方が順番待ちをしているのは

現代医学(病院)の検査では原因がわからない不調を持つ方々が

精神的なものが原因で自律神経失調症になっているとされ

行き着く所だからと当院は考えています。

 

もし自律神経の失調に気付いたなら、

すぐにラジオ体操や軽い運動を始め

首に負担が掛るような事は避ける事をおススメします。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 診療再開について
    かず
  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM