当院の針は無痛ではありません。

 

響きという独特の感覚を生じますので鍼灸院の中でも痛い方です。

 

決して痛い方が良いとは考えてはいませんが、針を打たなくちゃいけない所が打ったら痛い所なので、ある程度は致し方ないと考えています。

 

痛いとわかっていて何故そこに針をするのかというと当然やる必要がるからです。

 

もしかすると症状自体はそこまで打たなくても治まるかもしれません。

針でなくても他の痛みを伴わない治療法で治まるかもしれません。

単に薬を飲んでしばらくすれば自然に治まるかもしれません。

 

ですが症状の発信源が『そこ』にあると考えている以上は、たとえ他の方法で症状そのものは抑えられたとしても『そこ』が改善していないのであれば根本の解決には至らない事になります。症状の弱化・消失のみに満足して『そこ』を放置したまますると、いずれ患者さんが今よりも辛い思いをするかもしれません。

 

『もっと早くからやっていれば・・・こうなってしまうまでに・・・』と思う事が多々あります。

多くの鍼灸院の中から当院に来院して頂いた以上は、そうならないよう多少痛みを伴うとしても今できる事、やっておくべき事』は責任を持ってやるようにしています。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauhi2013.com

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM