今回は鼻です。

 

筋膜が原因で鼻にまつわる症状で多いのは、

 

・鼻詰り。

・鼻の奥に違和感。

・鼻がツーンとする。

 

咳の回でも紹介しましたがこれも多いです。

 

いつも詰まっている人、詰まったり通ったりを繰り返している人です。

慢性鼻炎や蓄膿と思い込んでいることがしばしばあります。

大きな違いは鼻水は出ない点で風邪と間違えられやすい偽風邪の一種です。

 

違和感は人それぞれ表現が異なりますが鼻の奥にベッタリ張りついている感じ、

ふいにツーンと沁みるような感覚があったりするようです。

 

これらは喉や首の筋膜から放散される異常感覚と当院は考えています。

首の筋膜に刺激を与える(針やマッサージなど)と一時的に鼻が通ることがあるような方は特に怪しいです。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

前回の”常識から外れた症状ー”に続いて

今回は”歯”の症状について書きます。

 

筋膜が関与する症状で多いのは

 

・歯や歯茎が痛い。

・歯が浮く感じ。

・噛みしめ、歯ぎしり。

 

これも感の良い人は薄々気づいていることが多いです。

 

疲れてコリ感が強くなると痛むとか、

天気が悪い日は歯が疼くなど、

 

こういった方は筋膜硬化が原因で起きている可能性が非常に高いです。

 

虫歯かな?と思って歯科に言ったものの

虫歯は見つからなかった。

結局噛み合わせが悪いから、噛みしめる癖があるから等といった原因を指摘される事が多いようです。

 

前回の耳と似た部位の筋膜硬化が関与するので併発していらっしゃる方も多いです。

 

筋膜硬化によって起きる症状の特徴のとしては、

見た目は問題がなく普通なのですが、知覚過敏や異常感覚を生じています。

なので血液検査も画像診断でもこれらはわからないのです。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

昨年末に記事にした「咳→自律神経失調」の評判が良かったので、

今年は筋膜硬化によって起きる一般常識から外れた症状について

シリーズ化しようと思います。

 

あくまで私が今までの臨床で経験した積み重ねなので、

これから先も改編していくことになりますが、

原因不明でお困りの方の参考になれば幸いです。

 

今回は””です。

 

ほとんどの方は耳に異変があれば耳鼻科に行くわけですが、

実は筋膜硬化によっても耳に異変が起きる事があります。

臨床でよく目にするのは以下の症状です。

 

・耳の中が痒い。又は痛い。

・耳の中が塞がった感じがする。

・耳鳴りがする。

 

いかがでしょう?

普通これらの症状で筋膜硬化を疑う方はほとんどいないと思います。

(耳鳴りは患者さん自身が薄々気づいている事が多いですが・・)

ですが結構な頻度で当てはまる方がおられます。

 

まさに筋膜が起こす一般常識から外れた症状だと思います。

 

筋膜が硬化していれば必ず現れるという訳ではなく、

放っておいても気にならない軽度のものから、

気になって仕方ないぐらい辛くなる場合もあり人によって様々です。

 

とにかく私はこれらに近い症状があれば首の筋膜硬化を疑います。

特に耳の下のくぼみを押すと痛がる人が多いですね。

 

さらに問題は前回同様このような症状が出てしまうという事は

密かに筋膜硬化が進んでいる事を意味します。

 

首の筋膜硬化は様々な問題を起こしますが、

耳の症状も、前回解説した自律神経の失調もその内の一つであり

他の症状とよく併発しています。

 

次回は”歯”です。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

筋膜硬化によって引き起こされる症状は多岐にわたります。

 

ありふれた肩コリや腰痛、ギックリ腰や寝違えなどの急性痛、

各種の神経痛や内科的疾患によるものかと錯覚してしまうような症状、

そして自律神経さえも失調させてしまうと当院は考えています。

 

今回はその中でも特に意外なもので、今後もっと増加し大変な問題になりそうな”咳”について述べます。

 

・咳

咳が出れば普通は風邪を引いたかなと考えます。

ですが喉にも筋肉があり筋膜があり、これらが硬化して知覚過敏が起きると

”異物感”となって咳が誘発される事があります。

異物感はイガイガや詰まり感、引っかかり感、咳がしたくなるような感覚です。

 

つまり風邪を引いたと思っていたが、

実は筋膜が咳を誘発している”偽風邪”かもしれないという事です。

そしてかなり多くの方に起きており、年々増加していると当院は考えています。

 

風邪のせいではなく喉の筋膜が過敏となり咳が誘発されているので、

咳止め等を飲んでも一時しのぎになります。

それでも薬が効いている間に自然治癒力によって治まる時は治まりますが、

筋膜は硬いままなので次第により硬くなっていきます。

そうなると再発時には以前より長引いたり強い症状が現れるかもしれません。

 

よく咳風邪(痰は出ない)を引く。

一旦咳風邪を引いたら治まるまで長くかかる。

常にもしくは時々、喉に異物感を感じる時がある。

エヘン虫をよくする人。

声がしがれたり、ろれつが回りにくくなる事がある。

という方は偽風邪が疑われます。

 

併発して鼻の奥が詰まった感じ(鼻水は出ない)や張りついたような違和感を生じたりすることもあります。

こっちの症状の方が強いと鼻風邪を疑うことになりますが、

これも喉の筋膜から生じた偽鼻風邪だったりします。

鼻をよくすすっている人や常に鼻が詰まったままな人など。

マッサージを受けると一時的に鼻が通るという人は特に怪しいです。

 

咳をするだけで済むようなら大きな問題にならないかもしれませんが、

その影で進行する筋膜硬化が厄介な方向に進む場合があります。

 

それは喉の筋膜に異常をきたすと自律神経が失調することです。

(自律神経失調症の症状はこれまた多彩なので後日書きます。)

 

喉の筋膜と自律神経失調症の因果関係は証明できませんが、

自律神経失調症とされる方が喉の異物感(ヒステリー球)、

もしくはそれに近い何か(咳など)を訴えるケースが多いことが一般医療機関でも知られています。

古くから伝わる東洋医学でも”梅核気”という名で文献に残っている程です。

 

このヒステリー球や梅核気といった症状こそが、

喉の筋膜硬化によって知覚過敏が起こした”異物感”だと考えられます。

 

従来の風邪と筋膜硬化による偽風邪は現代医療では分けられていないので、

筋膜硬化による偽風邪は完全に放置状態で筋膜を柔らかくするといった処置はありません。

 

ドラッグストアに行けば咳用、鼻用と細分化された風邪薬や漢方薬がたくさん置いてあります。

それだけ必要とする方が多く増えているのでしょう。

しかしこれらの処方では喉の筋膜を柔らかくすることは出来ないので硬化は進んでしまいます。

 

ということで何が言いたいかというと、

咳は言わば筋膜硬化のサインであり、サインを無視し続けると

いずれ自律神経の失調を起こしかねないという事です。

ですが今の医療機関では筋膜硬化を疑うことはなく対処できません。

なので注意が必要という訳ですね。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

当院は原因不明や難治の症状が、意外にも身近な筋膜によって起きている可能性があると主張しています。

 

なので病院でいくら検査しても原因がわからず途方に暮れていた方や、

病院での診断はおりていても一向に改善がみられない方が、

思い切って筋膜治療を受けてみると、案外すんなりと改善することがあります。

 

ただし筋膜の治療は簡単なようで難しくもあります。

例え筋膜が原因であったとしても残念ながら改善に至らないケースもあります。

 

今回はその理由の一つを挙げてみます。

 

筋膜の治療というのは文字通り筋膜を柔らかくします。

柔らかくする方法は色々とありますが、ほとんどは筋膜に直接触れて行います

 

筋膜は硬さが増せば増すほど知覚過敏(トリガーポイント)が強まり、

知覚過敏が強まると、刺激に対して過剰に反応するようになります

※本来なら痛みを感じないレベルの刺激でも痛みを感じるようになる・・等。

 

この知覚過敏が様々な痛みや不快な感覚の発信源となります。

発信源を直接触れて治療するということは傷口に触れる、腫物に触れるのと同じです

 

当然、傷口や腫物が大きいほど刺激された時の苦痛は大きくなり患者さんの負担は増えてしまいます。

※針をするなら尚更です。

 

つまり筋膜が重症になるほど治療が困難となり、十分な治療が行えず改善に至らないケースがあるという事です。

 

もちろん他の理由もありますが、もっとも頭を悩ませるのが上記の問題です。

 

となると、やはり重症化してから治療するのでは遅くて、

そうなる前に重症化するのを防ぐ”予防”こそが最も重要となります。

 

便利社会で生活する人間にとって筋膜硬化の”予防”は非常に難しくもあります。

じっとするな動け!!と言われても中々できるものではありません。

 

ですが何も予防をせず普通に生活をしているだけでは確実に硬化が進みます。

 

私が現在行っている筋膜硬化の予防はこんな感じです↓参考に。

 

・ジョギング15分〜30分を週2〜3回ぐらい。

・ラジオ体操+腰回し+腸腰筋と内転筋のストレッチ+ぶら下がり。2日/1回

・硬い所に針やカッサで筋膜リリース。時々。

・自分で針が打てない所は、知人の鍼灸院で処理してもらう。稀に。

・信号待ち中に体操。長く同じ体勢でいない。時々。

 

これだけで十分という訳ではありませんし、サボる時もよくあります。

ですが何もしないのと、しているのでは将来大差が付きます。

 

0→1は大きな差ですが、1→2の差は余り差がありません。

一つの事をたくさんやるのではなく、様々な事を少しづつやる方が良いでしょう。

 

他にももっと俊敏に動く運動や、アスレチックのような様々な運動を交互に行えるものを探し中です。

そう昔テレビでやっていたTASUKEみたいなのが理想です。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

書店に行くと”筋膜リリース”と書かれた本が数多く置かれています。

筋膜に世間の関心が集まりつつあるようで嬉しく思います。

 

”筋膜リリース”とは簡単に言うと”筋膜を柔らかくする”といった意味です。

 

単に筋膜リリースといっても様々なタイプがあります。

手を使って行うもの、道具を使ったもの、体操のようなもの、ストレッチ・・・etc

とにかく筋膜を柔らかくするものは何でも筋膜リリースと言えます。

 

ちなみに針治療も筋膜リリースの一つです。

 

筋膜に針を刺すと柔らかくなります。

針で”筋膜リリース”を行っている訳です。

 

皆さんご存知の通り針治療は東洋医学として古くから行われてきました。

なので”筋膜リリース”という言葉が生まれる遥か昔から、

知らず知らずのうちに”筋膜リリース”をずっと行っていたという事になります。

 

針を人体に刺したからって良くなる訳がない?

結局はプラシーボ効果(思い込みで良くなる効果)なんじゃないの?

 

って思われがちな針治療ですが、

針をちゃんと人体に刺していれば

最低でも筋膜リリースによる効果は有って当然なのです。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

今回は参考までに筋膜をイメージしやすい写真を用意しました。

 

↑は鳥のもも肉です。

指で摘まんでいるのが筋膜です。

筋膜は透明で潤いがあり伸縮性に富んだ薄い膜状の組織です。

本来は柔らかい筋膜ですが癒着すると干からびて縮んで硬くなります。

 

知覚過敏(トリガーポイント)が起きるのはこの筋膜です。

針はこの膜にプスプスと穴を空けるのです。

すると硬かった筋膜がフニャッと柔らかくなるのです。

誰がやっても同じで再現性もあります。

 

 

↑は”かまぼこ”です。

木の板は”骨”

白い部分は”筋肉”

ピンクの部分は”筋膜”とします。

上にある細い線は”鍼灸針”です。

 

針は体内を進んでいきピンクの筋膜に接触します。

筋膜が硬化していると針を持つ指に壁にぶつかる感触があります。

硬ければ硬いほどしっかり伝わってきます。

 

よく針をしていると何故悪い所がわかるんですか?

と聞かれますが、針先が硬い筋膜にぶつかる感触がわかるだけです。

 

 

そのまま針を入れていくと筋膜も筋肉も貫通してやがて”骨”にコツンと当たります。

骨の表面は最も知覚過敏が強くなりやすく、激しい痛みの発信源となります。

 

まるで骨が痛いと本人は感じるので、骨の変形や擦れといった様々な誤解を受けます。

そうではなくて、骨の表面の筋膜が痛いのです。

 

 

かまぼこを板から切り離しました。

薄く残っている部分が先程解説した骨の表面付近の筋膜で、

最も知覚過敏(トリガーポイント)が強いところです。

※骨膜ともいいます。

 

 

針は細いので”たわみ”ます。

これを利用して骨に沿うように打つと骨が痛むような感覚が再現されます。

傷口に塩を塗るようなもので響きが強く正直メチャクチャ痛いですが、よく効きます。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

筋膜が硬くなる要因は色々考えられますが、大半は運動不足です。

 

昔よりも楽ができて、たいして動かなくても済む生活を送れるようになった代わりに

運動不足という新たな問題を生じてしまうのは仕方のない事かもしれません。

 

ですが残念ながら動物である人体はそれを許してくれません。

 

動物というのは動いて正常に機能するように初めから設計されています。

 

運動不足は糖尿病や高血圧、メタボなどといった生活習慣病を引き起こす事は広く知られていますが、

筋膜の硬化についてはほぼノーマークの状況です。

 

しかし筋膜の硬化は紛れもなく生活習慣病の一つとして認知されなければなりません。

 

もし進行した筋膜の硬化により痛みや痺れ、様々な不調が起きたいたとしても

現代の医療機関では筋膜を疑うことが無いので、いくら検査しても原因不明となってしまいます。

 

もちろん何でもかんでも筋膜が原因という訳ではありませんが、

少なくとも筋膜が原因で様々な不調は起きるものだと知って疑って欲しいところです。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

 

トリガーポイントには様々な考え方があります。

今回はトリガーポイントについて当院の考え方をまとめました。

 

 

歯が知覚過敏を起こすように、筋膜も知覚過敏を起こします。

痛みを感じますが炎症が起きている訳ではなく、

ただ感覚のみが過敏になっているだけの状態です。

 

筋膜に生じた知覚過敏を”トリガーポイント(以下TP)”と呼んでいます。

 

知覚過敏(TP)は主に筋膜が癒着して硬くなっている所に生じます。

硬いまま放置していると段々と過敏さが増してきて、

やがて症状として自覚するレベルに達するようになります。

筋膜は全身を包んでいるので、言い換えればどこにでも知覚過敏(TP)は生じる可能性があります。

 

現れる症状は主に痛みや痺れ感が多く、軽度なものから重篤化すると激しい痛みにまで至ることもあります。

また痛みが広範囲に広がったり、現場よりも離れた部位に強く痛みを感じる”関連痛”という現象がよく起きます。

”関連痛”により痛みの発信源が雲隠れし、原因がわからず具体的な対策ができない状況になることが多いです。

 

例)

・足の痛みや痺れがお尻の筋膜に生じた知覚過敏(TP)によって起きているケース。

・頭痛や腕の痛みや痺れが首の筋膜に生じた知覚過敏(TP)によって起きているケース。

・胸の痛みが背中の筋膜に生じた知覚過敏(TP)によって起きているケース。

 

多くの医療機関では上記のようなケースに対して知覚過敏(TP)を疑うことが無いので、

痛み止め等の薬物による対症療法を行うといった事になりがちです。

 

一般的に外傷を除く”痛み”は炎症や神経の圧迫、

関節が擦れる等といった事が原因と疑われますが、

単に筋膜に生じた知覚過敏(TP)が原因となっている事の方が多いと当院は考えています。

 

 

また知覚過敏(TP)には痛み以外にも異常な感覚を生じることも多く

当院では”異常感覚”と呼んでいます。

 

異常感覚は”痛み”や”痺れ”とかではなく、

気持ち悪さや、異物感、膨満感、表現が難しいような不快な感覚です。

 

例)

・喉のつかえや異物感、イガイガによるカラ咳、声のしがれ。

・鼻の奥が詰まった不快感。

・吐き気。ゲップを誘発する膨満感。胸腹部の不快感。

・耳の奥が痒い、痛い、詰まり感。

・便意や尿意に似た腹部の不快感。

・内臓から来ているような不快感や鈍痛。

 

個人差で現れる症状、訴える表現はいろいろとありますが、

上記のように一見知覚過敏(TP)は関係ないように思える症状が、

実は異常感覚によって起きているケースが非常に多くあるのです。

 

例えば”風邪もどき”、”似非胃もたれ”があります。

症状は似ていますが実際は風邪を引いておらず、胃ももたれている訳ではありません。

ただそう思えるような似た症状を異常感覚が放出しているのです。

 

そのため見当違いのお薬を飲んだり、原因を無視した対処療法を繰り返すといったケースが多くみられます。

 

 

 

知覚過敏(TP)の対処は”知覚過敏(TP)を含んでいる筋膜”を柔らかくすることです。

筋膜を柔らかくし、その状態を維持できれば後は自然に少しずつ知覚過敏(TP)が弱化し治まっていくものと考えます。

 

口で言うのは簡単ですが、人体は複雑ですので簡単に済むケースもあれば拗れるケースも当然あります。

その点についてはまたの機会に書こうと思います。

 

近年は便利社会化によって昔よりも筋膜の硬化が早く進み、重篤なレベルにまで達する方が増えています。

※ようは昔よりコリ方が異常に酷い方が多いという訳です。

 

原因がわからない、なかなか治らないという方は筋膜を疑って欲しいところです。

まだまだ認知度の低い”知覚過敏(TP)”ですが、存在を少しでも多くの方に知っていただければ幸いです。

 

 

たうち鍼灸治療院

http://tauchi2013.com

筋膜癒着は生活習慣病です。

生活習慣病の対策は日々気を付けることです。

 

以前にも記事にしましたが、”筋膜ケア”は”デンタルケア”と同じと考えて下さい。

 

歯石の蓄積は虫歯や歯周病等の温床となります。

筋膜の癒着は痛みや様々な不調の温床となります。

 

日々の歯磨きを怠ればその分早く歯石が蓄積します。

日々の運動を怠ればその分早く癒着が蓄積します。

 

丁寧に歯間ブラシをすれば、それだけ歯石の蓄積を防げます。

丁寧にストレッチをすれば、それだけ癒着の蓄積を防げます。

 

歯石が強く固着してしまったら、歯磨きや歯間ブラシでは除去できません。

癒着が強く固着してしまったら、運動やストレッチでは除去できません。

 

自分で解消できない場合は専門家に依頼します。

 

歯石の除去なら歯科医院です。筋膜癒着の除去なら筋膜リリースを行う施術所です。

 

お金と時間を掛けて上手く除去できたとしても、もう二度と蓄積しない訳ではありません。

歯石も筋膜の癒着も生きている限りは蓄積しようとするものだからです。

 

なので、いかに蓄積の進行を防いで遅らせるかが鍵となります。

それはやはり日々の歯磨きや運動、歯間ブラシやストレッチなどの自分で出来るケアです。

 

怠ればそれだけ早く蓄積し治療を必要とする周期が早くなります。

 

歯石、筋膜の癒着ともに治療の区切りはあっても終わりはありません。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM