Q、自分で筋膜を柔らかくするには何をすればいいか?

 

A、ラジオ体操やヨガのように大きく身体を動かす運動をするのが良いでしょう。

 

”小さな動作”しかしない日々を送っていると筋膜は少しづつ癒着して硬くなります。

”大きな動作”をすると筋膜が引き伸ばされ癒着が剥がれて柔らかくなります。

 

癒着したまま放置していると、より強く癒着します。

放置せず、ちょくちょく剥がしておくことで強い癒着を防ぐことができます

 

また普段しない動きや、苦手なポーズをとる事も大事です。

 

大きな動作をしていても、同じ動作の繰り返しでは伸ばされる所が限定され不十分です。

筋膜は全身をスッポリ包んでいるので、なるべく全体的に万遍なく柔らかくするのがベストです。

 

ですので色んなパターンの動きや体操、微妙に角度を変えたりする等の工夫をしましょう。

 

 

 

Q、ヨガやストレッチをしても関節が柔らかくならない。

 

A、すでに癒着が強固になり過ぎているからです。

 

長年かけて癒着を積み重ねた頑固な筋膜は簡単には剥がれてくれません。

 

いくらストレッチをしても剥がれない頑固な癒着には他の手助けが必要です。

自分で行うのであれば、以前記事にした”テーピング”や”カッサプレート”を使った方法がおススメです。

自分で行うのが困難であれば、お金と時間が掛りますが筋膜リリースの専門家に委託すれば良いでしょう。

 

ある程度、癒着を剥がしてからヨガやストレッチをすれば今までの限界を超えて関節が柔らかくなり始めます。

 

後、溜めて一気に行うよりも、毎日少しづづでも行う方が断然効果が上がります。

週一回2時間のジム通いよりも毎日15分の方が良いです。

癒着→剥がす→癒着→剥がすのループを短いスパンで繰り返す方が結果的に早く柔らかくなるからです。

 

 

Q、筋トレをした方がいいか?

 

A、おすすめしません。

 

特別な場合を除いて、筋力が足りないのではなく、筋膜がすでに癒着しているから本来の筋力が出せないのです。

まずは癒着を剥がして、本来の力を発揮できる状態に戻してあげましょう。

筋トレを必要とするかしないかはそれからですね。

 

この順序を間違えている方が非常に多く、運動不足の解消や腰痛を治す為に腹筋を鍛える等の理由で筋トレをする方がいますが、大抵は無理をして筋膜をより硬くしています。すでに癒着が強い状態で筋トレをすれば、ただでさえ疲弊している筋肉をさらに痛めつける事になります。

 

さらに筋膜はカチカチ&パンパンになっていしまい、非常に疲れやすく、眠っても疲れがとれない身体になります。

これが後々面倒なことになります。

 

筋トレだけでなくスポーツや仕事であっても負荷が大きい事をするなら、何事も先に筋膜の状態を整えてから行う意識が大切です。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

 

 

筋肉のコリは”痛み・痺れ”以外にも一見コリとは関係なさそうな症状も起こす場合があります。

 

今回は部位毎によくある意外な症状をまとめてみました。

※( )内は病院でよく診断される病名や症状名。

 

○喉

異物感、イガイガ、エヘン虫、咳が出る、吐き気、声が出にくい、引っかかり、締め付け、扁桃腺が腫れる。

(風邪、ヒステリー球、咽喉頭異物感症、逆流性食道炎、など。)

 

○耳

耳詰まり感、耳の中が痛い・痒い、耳鳴り、難聴、めまい。

(メニエール、突発性難聴、耳炎など。)

 

○鼻

鼻が詰まる、鼻の奥のベタッとした違和感。

(副鼻腔炎、慢性鼻炎、風邪など)

 

○目

目の奥が痛む、かすむ、充血、疲れ目、チカチカする(閃揮暗点)。

(眼精疲労、頭痛の前兆など)

 

○頭

頭が痛い、重ダルイ、頭皮の締め付け感。

(緊張性頭痛、偏頭痛など。)

 

○口腔

歯や歯茎が痛む、歯が浮く、舌がもつれる。口の中が変。

(虫歯、知覚過敏、歯槽膿漏など。)

 

○顎

噛みしめる、顎が痛い、朝起きるとダルイ。

(顎関節症など。)

 

○胸

息苦しい、ムカムカする、吐き気、ゲップがよく出る。

(逆流性食道炎、喘息など。)

 

○ミゾオチ

気持ち悪い、ムカムカする、吐き気、ゲップ。

(慢性胃炎、胃潰瘍、胃もたれなど。)

 

○お腹

お腹が痛い、つっ張る、キリキリする、気持ち悪い、下腹部の違和感、便は出ない便意感。

(胃腸炎、膀胱炎、生理痛、便秘、下痢など。)

 

○全身性

疲れやすい、何故かしんどい、休んでも疲れがとれない、元気がでない。

(慢性疲労症候群など)

 

 

これらは一部の例です。

さらに自律神経の乱れも加わって訳のわからぬ症状までも現れることがあります。

 

 

もし上記の症状が現れた時、ほとんどの方は筋肉のコリが原因かも?とは思わないでしょう。

 

喉が痛ければ風邪かな?

耳の奥が痛いなぁ〜耳鼻科へ行かなくっちゃ。

お腹の調子が悪い、胃腸を整えるお薬を飲もう!

 

まずは病院での検査第一です。

検査しても原因がハッキリしない場合や、原因が特定されていても一向に改善がみられない場合は、一度は筋肉のコリを疑ってみるべきだと当院は考えています。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

患者様より頂くよくある質問をまとめました。

あくまで当院の考え方ですが参考にどうぞ。

 

問.どうして針を刺すのですか?

 

A.筋膜を貫通(侵襲)するためです。

体内に侵襲する医療機器と言えば注射針やメスや鍼灸針などがあります。

鍼灸針は髪の毛程の細さ&ステンレス製で頑丈に作られているので、他の医療機器よりも極めて小さな傷で筋膜を貫通する事が出来ます。

 

問.なぜ筋膜を貫通させるのですか?

 

A.針が筋膜を貫通すると柔らかくなるからです。

どうして柔らかくなるのかまだ解明されていません。ですが誰が誰に行っても柔らかくなるのは事実です。

ただし貫いた層の筋膜までしか柔らかくなりませんので、深部の筋膜を柔らかくするには深部まで貫通しなければなりません。

重要なのは筋膜を貫通(侵襲)する事です貫通するしないとでは変化が全然違います。

この筋膜が柔らかくなるという変化を利用することで改善に導くのが当院の針治療です。

 

 

問.筋膜が柔らかくなると良いの?

 

A.筋膜が柔らかくなると・・・

血行が良くなって自然治癒力が発揮しやすくなります。

過敏になっている感覚器が鎮静化して過敏でなくなり、不快な感覚を生じなくなります。

一つ一つの動作が軽くなり余計な負担を受けずに済むようになって疲れにくくなります。

無意識に入っていた力が抜けるようになり、きちんと休める身体になります。

 

などetc・・・

 

筋膜が硬くなると逆の状態になります。その結果が”自覚する不快な症状”です。

筋膜が原因であるケースを改善するには硬い筋膜を柔らかくするという治療が必要であり、針は筋膜を柔らかくするのに非常に使い勝手がよく効果の高い治療法ということです。

 

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

先日、澤村投手が針のミスにより長胸神経麻痺を生じた可能性があると報じられました。

 

あくまで『可能性がある?』ということなので針が原因であると決まった訳ではありません

ですがネット上では針が原因であると言い切っているサイトがたくさんあります。

 

この報道によって多くの方が針は危険だと感じたんではないかと思います。

 

はたして針治療によって神経麻痺が起きるのかどうか?

少なくとも当院を含め私の知る同業者の間でも針治療で神経麻痺が起きた報告はありません。

 

かと言って世の中に絶対というものは存在しませんので100%有り得ないとも言い切れません。

 

なので仮に針が原因だったとしても極めて稀なケースだと思います。

 

また私がネットやニュースで得た情報がどこまで正しいかわかりませんが今回の経緯はこのようです。

 

・もともと異変は生じており治らないので針治療を受けた。

・それでも治らないので詳しく検査すると長胸神経麻痺と診断された。

・医師により長胸神経麻痺が起きた原因は針によって長胸神経を傷つけた可能性がある。

 

詳細がわからないので憶測になりますが・・・

 

何も症状が無かった状態で針を受けた直後に症状が現れた訳ではなく、もともと症状がある状態で針治療を受けています。

もしかすると単に針治療を行ったが改善には至らず、症状がそのまま進行して悪化した可能性も充分にありそうです。

 

プロ野球の投手なので肩の負担は大きく、さらに過酷な筋肉トレーニングを重ねていた選手のようです。

一般人では考えられないような負担を受け続けている身体なので、長胸神経麻痺が起きても不思議ではないと思います。

 

肩の治療も針しかしていなかった訳でもないでしょうし、色んな治療法を試みたはずです。

また長胸神経麻痺の軽いものは一般人でも長時間のリュックの締めすぎで起きることがある身近な疾患でもあります。

 

針だけではなく色んな原因が考えられる中で、特別に針が原因に挙げられた理由を知りたいところです。

 

いくら鍼灸師が異論を唱えても、大きく報道された後では言い逃れっぽく聞こえてしまうかもしれませんが、何も言わないのも全て認めてしまうようなので記事にしました。

 

また当院へ来院中の患者さんもエッと心配になっているかもしれませんし、私に直接聞きたくても聞きにくいかもしれないので私の今のところの考えを書き留めておきます。

 

とにかく澤村投手の回復が一日でも早くなり復帰できますよう願います。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauhi2013.om

 

当院の針は無痛ではありません。

 

響きという独特の感覚を生じますので鍼灸院の中でも痛い方です。

 

決して痛い方が良いとは考えてはいませんが、針を打たなくちゃいけない所が打ったら痛い所なので、ある程度は致し方ないと考えています。

 

痛いとわかっていて何故そこに針をするのかというと当然やる必要がるからです。

 

もしかすると症状自体はそこまで打たなくても治まるかもしれません。

針でなくても他の痛みを伴わない治療法で治まるかもしれません。

単に薬を飲んでしばらくすれば自然に治まるかもしれません。

 

ですが症状の発信源が『そこ』にあると考えている以上は、たとえ他の方法で症状そのものは抑えられたとしても『そこ』が改善していないのであれば根本の解決には至らない事になります。症状の弱化・消失のみに満足して『そこ』を放置したまますると、いずれ患者さんが今よりも辛い思いをするかもしれません。

 

『もっと早くからやっていれば・・・こうなってしまうまでに・・・』と思う事が多々あります。

多くの鍼灸院の中から当院に来院して頂いた以上は、そうならないよう多少痛みを伴うとしても今できる事、やっておくべき事』は責任を持ってやるようにしています。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauhi2013.com

当院の考えは『筋膜の癒着によって起きた知覚過敏(トリガーポイント)が、原因不明の症状そのものの正体であったり、引き起こす誘因となる』です。

 

この考え方は現代医学の中でも特殊な方で、まだ一般的ではありませんが筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれています。

私の治療もMPSの治療も筋膜の癒着やトリガーポイントを消失させるのが目的です。

 

針は頑固な筋膜癒着でも柔らかくできる非常に強力な道具です。

MPSが広く認知され、針を刺すと硬い筋膜が柔らかくなる現象がキチンと解明されれば、いずれ『針治療はMPSに有効な治療法』となり身近な医療として活躍できると私は期待しています。

 

鍼灸は一体何に効くのか?すら知られていない致命的な問題がありますが、針はMPSに効きますという構図が出来れば鍼灸師の需要は増え患者さんや業界にも良い結果になるでしょう。

 

では原因がMPSなら簡単に治せるか?

癒着や症状が軽度ならば容易ですが重度になってくると何倍も難しくなります。

 

この治療法は原因そのものに刺激を加えることになります。

腫物にあえて触れるようなもので、的を得ていればいるほど劇的な改善が望めますが、状態が悪ければ悪いほどリバウンドを起こしやすくなります。(リバウンドは一時的なものでその後に改善をもたらす好転反応である事が多いです。)

 

また人体は複雑なバランスで成り立っています。悪いなりにも身体はなんとかバランスを保とうと必死に支え合っています。

状態が悪い人ほど無理なバランスで耐えているので、少しずつ地盤を固めながら変化したバランスに身体が慣れるまでのインターバル的な時間も必要です。(例えば四輪→一輪ではなく四輪→三輪→二輪→一輪と徐々に慣れていくように。)

 

劇的な改善もリバウンドも治療方針が的を得ているからこそ起きる変化であり、数回施術を試しても何も変化がない場合が最もMPSの不適応である可能性が高まります。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013/com

 

 

 

 

 

鍼灸といえば東洋医学のイメージが強いです。

 

でも当院は現代医学を基にした施術を行っているとHPにしつこく書いてあります。

 

というのは多くの方が鍼灸院で良くなった話を聞くと、へぇ〜東洋医学って凄いんだね!と思うからです。

 

決して東洋医学を否定する訳ではありません。ですが当院の成果に関しては東洋医学で良くなったと思って欲しくない訳です。

 

実際、私の施術に東洋医学の要素は皆無であり、現代の医学で存在が確認されてる組織(筋肉や筋膜)に対して病院ではされていない治療方法で結果を出しています。

 

何故こだわっているかというと、鍼灸は東洋医学のイメージと同時に医学的根拠のない怪しい治療法というイメージも強いからです。

 

最近では超音波エコーによって鍼治療を視覚化される研究も行われるようになり、少しでも多く医学的根拠を築こうとする活動が盛んになっています。

 

鍼灸と言えば東洋医学・・・だけじゃなく現代医学の鍼灸も一般的になって欲しいと願い執拗にアピールしている訳です。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

身体の不調が治らないせいで鬱っぽくなっているのに、鬱のせいで原因不明の不調が出ていると決めつける。

不調が改善さえすれば自然と抑うつ状態から脱却できるものを、検査しても不調の原因が特定できないからと言ってわざわざ鬱を犯人にして薬で解決しようとする。

原因不明の不調は放置され持続、正常だった精神も薬によって無理やり矯正され副作用やら依存やらで手に負えなくなる。


どう考えてもまずいケースですが普通におきています。

こんな事態になってしまうのは不調の原因がわからない為です。
そして原因がわからなければ目に見えない精神的な問題、自律神経の問題などに安易にしてしまう所がいけないと私は思います。

私は全てそうだとは言いませんが原因不明の不調が筋膜由来(トリガーポイント)であるケースがかなり多いと考えています。

しかし筋膜は検査対象外です。そもそも筋膜がさまざまな問題を起こすという概念が一般の医療機関にありません。

その為、筋膜由来の不調は全て原因不明として扱われ、先程の一連の流れのような最悪な事態になるんではないかと思います。


たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

鍼灸は2000年?の歴史があるのだから良いものだと言われることがあります。

これだけ医学が発展した現代でも受け継がれているのにはそれだけの理由はあるとは思います。

でも現実は日本人のほどんどが鍼灸を受けた事はなく、受けた人も効果がわからない又は無かったと感じる人もいます。
とすると鍼灸に効果があったと答える人はほんの一握りの方しかいません。

ということは考え方によっては鍼灸は効果があるから残っているとも、効果がないから廃れてしまったとも考えられます。

現代の医学ではまだわからない何かがあるのかもしれませんが、長く続いているからと言って良いものだという先入観を私は好きではありません。古き良き伝統があれば悪しき間違った伝統もある訳ですから。

私は鍼灸師ですが伝統を受け継ぐ(いわゆる東洋医学)鍼灸を現代の方に受けてもらいたい、知ってもらいたい、認めてもらいたいとは一切思いません。

でも鍼という道具をシンプルに外科的使用する方法については、現代医学の死角になっている筋・筋膜のトラブルによって引き起こされるさまざまな不調に対して大いに貢献できる治療法だと思っています。

この点を医療として多くの方々に認めてもらえたらなと思っています。

過去の何もなかった、知らなかった時代、その時代で出来る精一杯のことを鍼灸師の先輩方はやってきました。

そしてその先輩たちが知りたかったこと言いたかったことが現代ではかなり解明されてきていると思います。

大先輩達が現代の医学知識を得たとしたらどんな鍼灸をするでしょう?昔のような鍼灸をするんでしょうか?

みたいなことを考えたりするのも面白いです。

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

針は痛い?痛くない?

どっちなんでしょう?

ネットで調べると大半の針治療をする施術所は痛くないと書いています。

人によって痛みの感じ方は違うので個人差と言ってしまえば終わりですが、単に「痛い」では大雑把すぎるので少しまとめようと思います。

針治療の痛みは大きく分けて2種類あります。

\敞蘢
針が皮膚を貫通する際にチクッとします。痛みの種類は注射に似ています。
鍼灸師も患者さんも嫌な痛みです。

響き
身体の中で感じる感覚で注射のような刺す痛みではありません。
響きの種類というか感じ方は色々あります。
人によっては痛く感じ、人によってはイタ気持ちいい特殊な感覚です。

,呂匹海麗灸院でも必要としない(たぶん・・・)痛みですので今回は置いといて、『痛い?痛くない?』のポイントになるのは△痢惷舛』の有無です。

響きは身体の悪い所に針が当たると生じます。状態が悪い所ほど強く響きます。
(当院では悪い所=トリガーポイントや筋膜癒着部ですが施術者よって考え方は違います。)
逆に悪い所に当たらなければあまり響きません。

響きが無い、もしくは少しならば「針は痛くない」と感じるでしょうし、強い響きなら「針は痛い」と感じる人は多くなります。

響きを重宝する鍼灸師がいれば、必要としない鍼灸師もいます。どちらがいいか答えはまだ出ていません。

私の場合は響きが必要と言う訳ではなく悪い所(トリガーポイントや筋膜癒着部)に針をする必要があると考えています。
悪い所に針をするのでどうしても響きを伴いますが、なるべく抑えたいところです。


針は痛い?痛くない?と聞くと注射のような鋭い痛みがあるかどうかをイメージされがちですが、そういった痛みではなく響きが有るか無いかが比較対象になります。


たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com




 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM