Q、自分で筋膜を柔らかくするには何をすればいいか?

 

A、ラジオ体操やヨガのように大きく身体を動かす運動をするのが良いでしょう。

 

”小さな動作”しかしない日々を送っていると筋膜は少しづつ癒着して硬くなります。

”大きな動作”をすると筋膜が引き伸ばされ癒着が剥がれて柔らかくなります。

 

癒着したまま放置していると、より強く癒着します。

放置せず、ちょくちょく剥がしておくことで強い癒着を防ぐことができます

 

また普段しない動きや、苦手なポーズをとる事も大事です。

 

大きな動作をしていても、同じ動作の繰り返しでは伸ばされる所が限定され不十分です。

筋膜は全身をスッポリ包んでいるので、なるべく全体的に万遍なく柔らかくするのがベストです。

 

ですので色んなパターンの動きや体操、微妙に角度を変えたりする等の工夫をしましょう。

 

 

 

Q、ヨガやストレッチをしても関節が柔らかくならない。

 

A、すでに癒着が強固になり過ぎているからです。

 

長年かけて癒着を積み重ねた頑固な筋膜は簡単には剥がれてくれません。

 

いくらストレッチをしても剥がれない頑固な癒着には他の手助けが必要です。

自分で行うのであれば、以前記事にした”テーピング”や”カッサプレート”を使った方法がおススメです。

自分で行うのが困難であれば、お金と時間が掛りますが筋膜リリースの専門家に委託すれば良いでしょう。

 

ある程度、癒着を剥がしてからヨガやストレッチをすれば今までの限界を超えて関節が柔らかくなり始めます。

 

後、溜めて一気に行うよりも、毎日少しづづでも行う方が断然効果が上がります。

週一回2時間のジム通いよりも毎日15分の方が良いです。

癒着→剥がす→癒着→剥がすのループを短いスパンで繰り返す方が結果的に早く柔らかくなるからです。

 

 

Q、筋トレをした方がいいか?

 

A、おすすめしません。

 

特別な場合を除いて、筋力が足りないのではなく、筋膜がすでに癒着しているから本来の筋力が出せないのです。

まずは癒着を剥がして、本来の力を発揮できる状態に戻してあげましょう。

筋トレを必要とするかしないかはそれからですね。

 

この順序を間違えている方が非常に多く、運動不足の解消や腰痛を治す為に腹筋を鍛える等の理由で筋トレをする方がいますが、大抵は無理をして筋膜をより硬くしています。すでに癒着が強い状態で筋トレをすれば、ただでさえ疲弊している筋肉をさらに痛めつける事になります。

 

さらに筋膜はカチカチ&パンパンになっていしまい、非常に疲れやすく、眠っても疲れがとれない身体になります。

これが後々面倒なことになります。

 

筋トレだけでなくスポーツや仕事であっても負荷が大きい事をするなら、何事も先に筋膜の状態を整えてから行う意識が大切です。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

 

 

筋肉のコリは”痛み・痺れ”以外にも一見コリとは関係なさそうな症状も起こす場合があります。

 

今回は部位毎によくある意外な症状をまとめてみました。

※( )内は病院でよく診断される病名や症状名。

 

○喉

異物感、イガイガ、エヘン虫、咳が出る、吐き気、声が出にくい、引っかかり、締め付け、扁桃腺が腫れる。

(風邪、ヒステリー球、咽喉頭異物感症、逆流性食道炎、など。)

 

○耳

耳詰まり感、耳の中が痛い・痒い、耳鳴り、難聴、めまい。

(メニエール、突発性難聴、耳炎など。)

 

○鼻

鼻が詰まる、鼻の奥のベタッとした違和感。

(副鼻腔炎、慢性鼻炎、風邪など)

 

○目

目の奥が痛む、かすむ、充血、疲れ目、チカチカする(閃揮暗点)。

(眼精疲労、頭痛の前兆など)

 

○頭

頭が痛い、重ダルイ、頭皮の締め付け感。

(緊張性頭痛、偏頭痛など。)

 

○口腔

歯や歯茎が痛む、歯が浮く、舌がもつれる。口の中が変。

(虫歯、知覚過敏、歯槽膿漏など。)

 

○顎

噛みしめる、顎が痛い、朝起きるとダルイ。

(顎関節症など。)

 

○胸

息苦しい、ムカムカする、吐き気、ゲップがよく出る。

(逆流性食道炎、喘息など。)

 

○ミゾオチ

気持ち悪い、ムカムカする、吐き気、ゲップ。

(慢性胃炎、胃潰瘍、胃もたれなど。)

 

○お腹

お腹が痛い、つっ張る、キリキリする、気持ち悪い、下腹部の違和感、便は出ない便意感。

(胃腸炎、膀胱炎、生理痛、便秘、下痢など。)

 

○全身性

疲れやすい、何故かしんどい、休んでも疲れがとれない、元気がでない。

(慢性疲労症候群など)

 

 

これらは一部の例です。

さらに自律神経の乱れも加わって訳のわからぬ症状までも現れることがあります。

 

 

もし上記の症状が現れた時、ほとんどの方は筋肉のコリが原因かも?とは思わないでしょう。

 

喉が痛ければ風邪かな?

耳の奥が痛いなぁ〜耳鼻科へ行かなくっちゃ。

お腹の調子が悪い、胃腸を整えるお薬を飲もう!

 

まずは病院での検査第一です。

検査しても原因がハッキリしない場合や、原因が特定されていても一向に改善がみられない場合は、一度は筋肉のコリを疑ってみるべきだと当院は考えています。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

当院の治療は簡単に言うと『筋肉のコリを柔らかくする』としました。

 

今回はコリについて書きます。

 

一般の認識では『コリ=筋肉が硬くなっている所』だと思います。

 

ですが実際は筋肉が硬いのではなく筋膜が硬くなっている所がコリです。

 

筋膜とは筋肉を包むストッキングのような薄い膜状の組織です。

ソーセージで例えるなら中身が筋肉で皮が筋膜です。

 

ソーセージは硬いですが、皮を取り除くと中身は柔らかいですよね。

それと一緒でコリに触れると硬いのは、皮にあたる筋膜が硬いからで、中身の筋肉は柔らかいということです。

 

 

筋膜が硬くなるというイメージは次を想像してみて下さい。

・風船をパンパンに膨らますとどうなるか?

・布団を圧縮袋にしまうとどうなるか?

想像してみて下さい。どちらも硬くなるのが想像できると思います。

 

風船のパターンは過剰な筋トレで起きます。

筋トレ後は内部が膨張して筋膜がパンパン張りつめて硬くなります。

 

布団のパターンは運動不足・大きな動作の不足で起きます。

筋膜が縮んで中身を圧縮して硬くなります。

 

どちらも本来は柔らかいのに状態によっては硬くなるということです。

 

 

というわけで正確には『コリは筋肉が硬くなった所ではなく、筋膜が硬くなった所』ですが、一般の方にとっては結局は硬いコリが柔らかくなればどっちでも良い話なので省略しました。

 

しかし施術者側からすれば筋肉と筋膜の認識の違いで施術方法が変わります。

 

ついつい辛いコリは押し潰したくなるのが人情ですが、筋膜は押しても柔らかくなりません。

筋膜を柔らかくするには圧迫するのではなく、伸ばしてストレッチしたり、大きく動かす事がポイントになります。

 

マッサージや指圧棒などでコリを押してほぐしても、すぐに元に戻るのは筋膜が柔らかくなっていない為です。

筋膜が十分柔らかくなればそうそう元には戻りません。

 

もっと良い方法は鍼灸針で筋膜に穴を開けてやることです。

風船に穴が開いて空気が抜けて萎むのか、圧縮袋に穴が開いて内圧が下がるのか、詳細はまだわかりませんがストレッチよりも筋膜を柔らかくできます。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

患者様より頂くよくある質問をまとめました。

あくまで当院の考え方ですが参考にどうぞ。

 

問.どうして針を刺すのですか?

 

A.筋膜を貫通(侵襲)するためです。

体内に侵襲する医療機器と言えば注射針やメスや鍼灸針などがあります。

鍼灸針は髪の毛程の細さ&ステンレス製で頑丈に作られているので、他の医療機器よりも極めて小さな傷で筋膜を貫通する事が出来ます。

 

問.なぜ筋膜を貫通させるのですか?

 

A.針が筋膜を貫通すると柔らかくなるからです。

どうして柔らかくなるのかまだ解明されていません。ですが誰が誰に行っても柔らかくなるのは事実です。

ただし貫いた層の筋膜までしか柔らかくなりませんので、深部の筋膜を柔らかくするには深部まで貫通しなければなりません。

重要なのは筋膜を貫通(侵襲)する事です貫通するしないとでは変化が全然違います。

この筋膜が柔らかくなるという変化を利用することで改善に導くのが当院の針治療です。

 

 

問.筋膜が柔らかくなると良いの?

 

A.筋膜が柔らかくなると・・・

血行が良くなって自然治癒力が発揮しやすくなります。

過敏になっている感覚器が鎮静化して過敏でなくなり、不快な感覚を生じなくなります。

一つ一つの動作が軽くなり余計な負担を受けずに済むようになって疲れにくくなります。

無意識に入っていた力が抜けるようになり、きちんと休める身体になります。

 

などetc・・・

 

筋膜が硬くなると逆の状態になります。その結果が”自覚する不快な症状”です。

筋膜が原因であるケースを改善するには硬い筋膜を柔らかくするという治療が必要であり、針は筋膜を柔らかくするのに非常に使い勝手がよく効果の高い治療法ということです。

 

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

平成30年6月1日より診療時間を変更させて頂きます。

 

旧 午前 9:00〜12:00

新 午前 10:00〜13:00

 

 

旧 午後 15:00〜21:00

新 午後 15:00〜20:00

 

となります。ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

当院は筋膜とトリガーポイントの治療を行っています。

世間では余り聞きなれないワードなので何の治療しているの??って感じかもしれません。

 

わかりやすく言うと「筋肉のコリ」を治療しています。

『最近、肩が凝って凝って辛いのよぉ〜』の『コリ』です。

肩コリというのは肩の筋肉がカチカチに硬くなっているイメージだと思います。

 

コリという言葉は肩コリにしか使われませんが、全身どの部分の筋肉もカチカチに『コリ』ます。

 

世間ではあまり問題視されない筋肉のコリですが、酷くなると様々な不調の原因となります。

 

例えば首コリの場合・・・

 

首の激痛、頭痛、耳鳴り、耳づまり、耳の中が痛い、めまい、鼻詰まり感、顔がピクピク、顎が痛い、噛み閉める、歯ぎしり、歯が痛む、眼精疲労、呼吸が浅い、咳が止まらない、ろれつが悪い、喉のイガイガ・エヘン虫・異物感、飲み込みにくい、胸がムカムカする、吐き気、気分が悪いetc

 

さらに首コリは自律神経を乱すので、不眠症、倦怠感、易疲労感、気分が落ち着かない、不安になる、抑うつ、全身の力が抜けないなどの症状も併発する場合があります。

 

首コリとは一見関係なさそうな症状がたくさんありますが、元を辿れば首コリが原因であるケースは非常に多いという訳です。

 

もちろん首だけでなく腰やお腹、お尻などの筋肉のコリも同様に一見関係ないような症状も引き起こします。

(他部位についてはまたの機会に・・・)

 

という訳で簡単に言ってしまうと当院は筋肉のコリを柔らかくして様々な不調を改善するという治療を行っています。

 

あちこちの病院で検査を受けても原因がわからないという方、どこに治療に行けばわからない症状でお困りの方は、現代医療ですらノーマークな筋肉のコリを是非一度は疑ってもらいたいものです。
 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauhi2013.om

 

 

 

 

 

本院の玄関に手すりが付きました!!

 

 

すごい助かります!!

ありがとうfather〜(^O^)

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は多くの患者様にご来院頂きまして誠にありがとうございました。

今年も変わらぬご愛顧のほどを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

今年も技術の研鑽に励み、より効率良く健康を守る方法をあれこれ考えたいと思います。

また自分の健康も守るために歩く、走る、よじ登る、泳ぐ、を心掛け、患者さんの手本になれるよう頑張ります。

 

初詣は石清水八幡宮に行ってきました。

 

 

すごい人でした。

並びが凄かったのでお参りをせず帰りました。

 

 

たうち鍼灸治療院 田内

http://tauchi2013.com

 

 

 

2018年1月1日より施術メニューを改定させて頂きます。

 

新しいメニューはこちらになります。

 

○基本診療

・トリガーポイント針治療 4200円 40分

・手技・筋膜リリース治療 4000円 40分

 

※各種の痛み・痺れの治療は基本診療のどちらかで行います。

 

○特殊診療

・自律神経改善コース 4000円 40分

・特別治療コース 8000円 80分

・局所治療 2500円 20分

 

※自律神経改善コースはお身体の状態に合わせ針と手技を使い分けて施術します。

※特別治療コースは県外からお越しの方、通常よりも時間を要する方、希望される方のみ限定で通常は基本診療となります。

 

 

詳細は一部変更になる場合があります。

 

 

誠に勝手ではありますが何卒ご了承下さいますと共に、今後も変わらぬご愛顧のほどを賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

また鍼灸の保険(療養費)が使用できるよう準備しております。

準備が整い次第改めてお知らせ致します。

 

 

 

たうち鍼灸治療院 田内 

http://tauchi2013.com

先日の台風21号通過後と普段の淀川の水位を比較してみました。

 

 

何年か前にも同じようになっていました。

いつか決壊してしまいそうで心配です。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM